So-net無料ブログ作成
検索選択

口臭というのはどういうものか? [口臭]

口臭というのはどういうものか?


口臭と言うのは字のごとく、「口が臭い」という事を意味しています。
会話している時や呼吸時に出されている息を
他人がかいで不快だなと感じた臭いを口臭と言うのです。

この不快な臭いである口臭の原因と言うのは、
90%以上口腔内の細菌に原因があります。
その臭いは元となる細菌の種類によって違ってきます。
例えば卵が腐ったような臭い、魚や野菜が腐ったような臭い、
生ゴミのような臭いがします。
こういった口臭が無い人というのはいないというのが現実です。

その理由としては「生理的口臭」と言われているもので、
朝起きた直後や、空腹時、緊張時に起きる口臭です。
これは誰にでもある口臭なのです。
また、臭いが強い食べ物(ニンニクや、納豆、ニラなど)による口臭もありますが、
時間が経つと消えてしまう臭いなので、
これは気にする必要なないと思います。

ただ、口腔内に口臭の原因がある場合は、
こまめなケアをして口臭を予防する事が必要とされます。

口腔宇内には常時約200種類もの細菌が潜んでいると言われています。
口腔内の新陳代謝は身体のどの組織よりも早いために
死滅してしまった粘膜組織が多くなってしまい、
たんぱく質が細胞に分解されてしまって臭いの素が作られます。
これが常にものすごくたくさん作られてしまうと言うわけです。

しかし唾液が口腔内の清潔さを保ってくれるのですが、
口腔ケアを怠ってしまうと歯周病や虫歯の原因となり
それが悪化して口臭が発生してしまうと言う事になるわけです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。